内祝いのマナーについて|喜ぶ顔が見たいなら相手のことを考えて選ぼう|出産祝いはママの為に

喜ぶ顔が見たいなら相手のことを考えて選ぼう|出産祝いはママの為に

内祝いのマナーについて

内祝い

金額について

無事出産を終えると、親戚を初めとして様々な方から出産祝いを頂く機会が多くなると思います。出産祝いを頂けることはとてもありがたいのですが、これを受け取ったままにしておくことはマナー違反です。頂いた出産祝いに対して、きちんと各方面にお返しをしなければなりません。もちろん頂いた出産祝いは人によってそれぞれ金額が異なります。頂いた金額の3分の1から半額くらいのお返しをすることがマナーとされていますので、金額に見合ったものをお返しするようにしましょう。また、このお返しの時期については出産祝いを頂いてから約1ヶ月以内とされています。多くの方から頂くと、金額や頂いた日の管理が大変になるかもしれませんが、きちんと管理していくようにしましょう。

ネットでも注文出来ます

出産祝いのお返しは出産祝いを頂いてから約1ヶ月以内にするのがマナーとなっていますが、この頃のお母さんと言えばまだまだ体調が思わしくない時期の方も多く、慣れない育児で寝不足気味になっている方も多いでしょう。そんな時のお返し選びというのは状況的に少し大変になってしまう方も多いかもしれません。そんな時はネットでも内祝いの注文が出来ますので、ぜひ活用してみると良いと思います。ネットであれば育児の合間に手続きが出来ますし、宅配便で送る時にも伝票にひとつひとつ記入せず、パソコンで情報を打ち込むだけなので楽に手続きすることが出来ます。宅配にかかる送料に関しては、お届け先一つ当たりの購入金額について指定があるところが多いです。その条件を満たせば送料が無料になりますので、その辺りもきちんとチェックしておくと良いでしょう。