お返しのマナー|喜ぶ顔が見たいなら相手のことを考えて選ぼう|出産祝いはママの為に

喜ぶ顔が見たいなら相手のことを考えて選ぼう|出産祝いはママの為に

お返しのマナー

ベビー用品

基本的なマナー

出産祝いを頂いたら出産内祝いを贈ります。この場合、きちんとマナーがありますので、贈る際には細心の注意を払いたいものです。まず、この出産内祝いを先方に贈る場合にはタイミングを十分に考慮しなければなりません。だいたい約1ヶ月後に贈るのが良いとされています。あまりにも早すぎても遅すぎても良くないとされています。また、出産内祝いの相場についてはだいたい半額から3分の1ほどの金額が良いとされています。頂いた金額に合ったバランスの良い金額するのがマナーとされています。出産内祝いを贈る際には、きちんと熨斗を付けます。この熨斗は紅白の蝶結びのもので、子供の名前を記載します。これは子供の名前を披露するという意味も含まれています。

手配がしやすい

この出産内祝いの手配をする時に内祝い専用の通販サイトがありますので、最近ではこのようなサイトを使って手配する方がとても増えてきています。通販サイトを使う場合、出産内祝いに関するちょっとしたマナーについて確認したい場合でもそのサイト上に色々な情報が掲載されていることが多いので、わからないことなどを確認しながら手配を進めることが出来ます。通販サイトを使うと、時間帯に関係なく内祝いの手配が出来ますし、独自のポイント制を導入しているところも多いので、次回以降その通販を利用する場合にポイントを使って買い物をすることも出来ます。もちろん熨斗の対応をしてもらえますし、包装や紙袋、メッセージカードなどのサービスも充実しています。